ウルトラパフォーマンス東京

アクシスメソッド専門スタジオ - 東京・高円寺

アクシスメソッドQ&A

アクシスメソッドについて、よく寄せられる質問をまとめてみました。

こちらに掲載されていない疑問、質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

「中心軸」とは何ですか?
アクシスパワーマスタリーメソッド協会では中心軸の定義を
「骨とそれを取り巻く筋肉に繋がる神経、および神経の流れ」としています。

つまりそれらの神経が正しく機能することで、筋肉のが持つ「収縮力」「柔軟性」「連動性」などの様々な機能が最大限に発揮され、体においてそのような筋肉の機能を最大限に発揮できるコンディションを「中心軸が使えている」状態と表現しています。

「中心軸」が使えるとどんなメリットがあるのですか?
中心軸はその名の通り「人の動きの中心となる軸」ですが、骨や筋肉のように解剖学的に体内に存在するものではなく、意識によって作られます。
各種競技やスポーツにおいてはそれぞれの動作に対して中心軸を作り、その軸を元にして体を動かすことでよりパフォーマンスの高い動きを実現することが可能となります。

運動におけるパフォーマンスの高さは中心軸の有無によって決まると言っても過言ではありません。
一流のアスリートと呼ばれる人達たちは例外なく中心軸を持ち、自在に使いこなすことができます。

従来はこの中心軸を得るために、イメージと反復動作を頼りに中心軸を作り上げていく作業を長い時間をかけておこなう必要がありました。
しかしアクシスメソッドでは脳に中心軸の概念をインプットすることができるため、トップアスリートと同様の中心軸を瞬時に手に入れることができるのです。

いわゆる「体幹」と「中心軸」は違うのですか?
体幹、体軸、コア、センターなど様々な呼ばれ方をしていますが、解剖学的に体幹という言葉を捉えると「頭部と四肢(腕・足)以外の体の中心部」となります。
つまり胴体部分を「体幹」と呼んでいますが、スポーツの場においての体幹というのはもう少し狭い意味、すなわち「体の中心となる部分」を指していると考えられます。
より具体的にいうならば、大腰筋、ハムストリングス、前鋸筋、腹横筋や横隔膜、多裂筋などと言った「体を支える際に働く筋肉」
いわゆるインナーマッスルと呼ばれる筋肉を漠然と指して「体幹」と呼んでいるように思われます。

体幹は全身の運動能力を高めるのに必要な要素のひとつではあるのですが、残念ながら体幹を鍛えただけで運動能力が向上する訳ではありません。
むしろ意識の中に中心軸を形成することで体幹と呼ばれるインナーマッスルをより効率的に使うことができ、パフォーマンスを向上させることが可能になります。
体幹をしっかり使うためにも「中心軸」が必要なのです。

どのような競技にもアクシスメソッドの効果があるのですか?
サッカーやバスケットボール、柔道やボクシングなどの格闘技といった常に動き続ける「動」の競技、あるいはゴルフや野球のバッティングのような「静」の競技でも、高いパフォーマンスを発揮するために中心軸が大切であることは変わりません。
スポーツである以上どの競技にもアクシスメソッドは有効だといえます。

さらにいうと、中心軸を形成することで効率の良い体の使い方を手に入れることができるため、高齢者の転倒防止運動プログラムやリハビリの現場などでもアクシスメソッドの活躍が期待できます。
あるいは特定のスポーツに縛られない、例えば小学生の基本的な運動能力の向上などにもアクシスメソッドは多大な効果を発揮します。

アクシスメソッドの効果はどのくらい継続しますか?
アクシスメソッド単体での効果は20日〜30日ほどですが、アクシスメソッドを一定の期間内に継続して施術を受けていただくことでその効果は向上し、身体能力をさらに高めていくことが可能となります。

アクシスパワーマスタリーメソッド協会が推奨しているのは、4ヶ月〜半年の期間をかけて全6回のアクシスメソッドを受けることです。
そのような間隔で全6回のアクシスメソッドを受けることによって活性化した神経系が身体において恒常化し、形成した中心軸をより浸透・定着させることができます。

それによってベストなパフォーマンスを発揮できる状態を長期間継続させることが可能となります(その効果は3カ月以上持続します)

アクシスメソッドを他のトレーニングや治療と併用しても大丈夫ですか?
アクシスメソッドは他のメソッド・治療・トレーニング方法などを否定するものではありません。
むしろ「中心軸を作る」という唯一無二の特性から、他のトレーニングや治療との親和性は非常に高いと考えています。

アクシスメソッドを受けることで、まず意識の中に中心軸をつくり、それを意識しながらトレーニングや練習をすることが可能になります。
そうすることで従来よりも短い時間でより効率よく、より高いパフォーマンスでトレーニングの効果を発揮できるようになります。

また、中心軸が生まれることで効率的に体を動かすことが可能となるため、特定部位(腰など)に今まで必要以上に掛かっていた負担が軽減されます。
それによって治療効果が高まる、もしくは治療効果が持続することが期待できます。

アクシスメソッドに副作用はありますか?
アクシスメソッドの施術でおこなうのは、頭部に触れて軽い刺激を与えるだけです。
道具を使用したり、何らかの形で体に負荷をかけて無理やりに能力を引き出すものではありません。
副作用などは一切ないので安心してお受けください。
アクシスメソッドを受けて体に不調が出ることはありませんか?
風邪をひいている選手がアクシスメソッドを受けた後に頭痛が発生した、というケースが協会に報告されています。
また、生理中の女性がアクシスメソッドを受けた後に頭痛やめまいを感じた、というケースもあるようです。
どちらもアクシスメソッドが直接的な原因であると断定されたわけではないですが、それらのリスクを考慮し、生理中や妊娠中の女性、あるいは男女問わず発熱や悪寒などの体調不良を感じている際にはアクシスメソッドを受けるのは控えたほうがいいかもしれません。

また、怪我などで強い痛みを感じている時にもアクシスメソッドの効果が弱くなるようです。
(中心軸を作るための意識が怪我の痛みに集中してしまうためと考えられています)

当日のコンディションに不安がある場合はトレーナーに相談ください。

アクシスメソッドを受けた後に注意することはありますか?
アクシスメソッドは頭蓋骨に一定のアルゴリズムで刺激を与えて脳に中心軸をインプットさせるメソッドです。
そのため、頭部に強い刺激が入ることで、インプットされた中心軸の概念を脳が正しく認識できなくなる可能性があります。
特に初回の施術後24時間内は頭頂部への衝撃や強い刺激を受けないように注意してください。

また、施術後24時間内のアルコール摂取、湯船に浸かっての入浴などでもアクシスメソッドの効果が下がる現象が報告されています。
アクシスメソッドを受けた当日は飲酒は控え、入浴もシャワー程度にとどめておくことをお勧めします。

アクセス

東京都杉並区高円寺南4-45-7 壱番館ビル4F
(高円寺駅前整体院内)

Tel:03-5913-7358

高円寺駅前整体院につながります。「アクシスメソッドについて」とお問い合わせください。

受付時間:10:00~18:00
定休日:水曜・日曜日