ウルトラパフォーマンス東京

アクシスメソッド専門スタジオ - 東京・高円寺

photo-axismethod

「体幹トレーニング」のその先の未来を創り出す、それがアクシスメソッド

 

体幹トレーニングで鍛えられるのは何か

パフォーマンスを向上させるためには「体幹」をうまく使えることが重要である。というのはスポーツ界において周知の事実です。

そのため、体幹を鍛えて安定したパフォーマンスを発揮するために様々な体幹トレーニングが開発され、あまたのスポーツ選手が自身のトレーニングの一環として取り入れてきました。

photo-yoga

そもそも、体幹というのは何を指しているのでしょうか?

言葉の意味としては広義において「頭部と四肢(腕・足)以外の体の中心部」となります。

つまり胴体部分を「体幹」と呼ぶわけですが、スポーツの場においての体幹というのはもう少し狭い意味、

すなわち「動作をおこなう際に中心となる軸のようなもの」を指していると考えられます。

この場合「体幹=身体の中心にある軸」となり、それは筋肉や骨のような具体的に存在する身体組織の名称ではなく、極めて観念的なものであるといえます。

そのような実存しない観念的なものというのは、具体的にトレーニングで鍛えようがありません。

ですから体幹トレーニングにおいては「おそらく体幹となる中心軸を形成しているであろう」と考えられている筋肉を鍛えることとなります。

その筋肉というのは、主として身体の深部にあり、身体を支えるために使われていると考えられている筋肉、いわゆるインナーマッスルです。

つまり従来からおこなわれている体幹トレーニングは、主としてインナーマッスルに働きかけ、その機能を鍛えていくものであるといえます。

すなわち、直接的に「体幹」の機能を高めるのではなく「おそらく体幹に関係しているであろう筋肉」を鍛えているのが体幹トレーニングなのです。

「体幹を鍛える=体幹が使える」ではない、という現実

アクシスメソッド01

先述した通り、体幹トレーニングによって鍛えられるのは、体幹に関係しているであろうと考えられているインナーマッスルです。

それでは、全てのアスリート達はインナーマッスルを鍛えて強化すれば体幹を使えるようになり、パフォーマンスを向上させることができるのでしょうか?

残念ながら必ずしもその答えは“YES”ではありません。

現実のところ、インナーマッスルを鍛えて強化するのと体幹を使いこなして高いパフォーマンスを発揮するというのは別の次元の話であると言わざるを得ません。

それは例えば、下肢の筋肉を鍛えたからといって足が速くなることに直結しない、ということに似ています。

速く走るためには特定の筋肉を強化することが望ましいけど、その特定の筋肉を強化しただけで速く走ることができるというわけではありません。

同様に、体幹を使いこなすためにインナーマッスルを強化したとしても、それだけで体幹を使いこなすことに直結するわけではないということなのです。

 

もちろん、ヨガやピラティスといった体幹トレーニングに効果的と言われている運動を否定しているわけではありません。

インナーマッスルを強化することは日常生活においても大切ですし、事実、特定の地域で大腰筋を活性化する運動を指導したところ、寝たきり老人の人口比率が減少したという科学的なデータも検証されています。

何より緩やかに体を動かすことによるリラックス効果や、身体の柔軟性を高めるなど、そのメリットは計り知れないといってもいいかもしれません。

しかし、やはりアスリートとして体幹を使いこなせるための効率的な手段かどうか、という点においては、やはりベストな選択ではないと言わざるを得ないのではないでしょうか。

体幹を鍛えるのではなく、使えるようになるために

 

だったらどうすればいいのかというと、中心軸を使いこなせるようになればいいという結論に辿り着きます。

必ずしも体幹を鍛える必要はありません。そもそも先述した通り、体幹の要となる中心軸は身体組織としては存在しない、鍛えようのない概念的なものです。

そのような概念的なものを形成しているのは、ズバリ「脳」を中心とした神経系統です。

アクシスメソッド03

つまり、直接的に「脳」を中心とした神経系統に特定の刺激を与えることでそれぞれの動きに応じた「中心軸」を潜在意識の中に形成し、それを無意識の中で使えるよう働きかけることで体幹から自身の身体を使いこなせるようになり、パフォーマンスを飛躍的に向上させる。

それが私たちがおこなう「アクシスメソッド」の本質なのです。

アクシスメソッドで中心軸を形成し、パフォーマンスを向上させる

人間の頭蓋骨は23個の骨が組み合わさることで構成されています。

それだけの部品が組み合わさって構成されているわけですから、生活習慣やストレス、その他各種の衝撃や運動の影響によってなんらかの形でズレや歪みが生じると考えられています。

それはほんの些細なズレかもしれません。しかしその些細なズレが脳から筋肉へと向かう信号伝達を阻害(ブロック)する原因となり、本来持っているベストなパフォーマンスが発揮できない要因となることが確認されています。

アクシスメソッドによって一定のアルゴリズムで頭蓋骨に刺激を与えることで、そのような頭蓋骨のズレや歪みを矯正することができます。

それによって無意識の中で発生していた神経ブロックを解除し、身体が本来持つ力や機能を最大限に引き出すことが可能となります。

 

アクシスメソッドの最も特筆するべき特徴として、自在に中心軸を形成する、ということがあげられます。

「形成する」という表現は、ひょっとしたら適切ではないかもしれません。

中心軸というのは本来、運動時の無意識下において誰でも形成できているものです。

しかし先述した頭蓋骨の些細なズレや歪みによって、それを形成する機能が阻害されているにすぎません。

アクシスメソッドはそのような頭蓋骨のズレや歪みを矯正することで神経ブロックを解除し、そのような本来身体が持っている中心軸を形成する機能を呼び覚まし、結果的に「中心軸=体幹」を使いこなしたベストなパフォーマンスを導き出すことが可能になるのです。

体幹トレーニングの歴史を変える、それがアクシスメソッド

 

アクシスメソッドによって中心軸を形成し、体幹を使いこなせるようになることのメリットは、競技者として計り知れません。

いわゆる一流のアスリートや達人と言われるようなレベルの人たちは、想像を絶するような練習と鍛錬をひたすら反復することでポテンシャルを向上させると同時に、その最高の状態でのコンディションを自身のベースとして定着させていきます。

それはまさに薄皮を貼り重ねていくような地道な作業ですが、結果としてそのコンディションをベースとした中心軸を体幹として潜在意識の中に自律的に形成することが可能となり、それによって自身の持つパフォーマンスを最高の状態で発揮することができるのです。

しかしアクシスメソッドによって中心軸を形成することで、そのようなトレーニングによる潜在意識への定着化を図るための反復作業は大幅にスポイルされ、競技者はいわゆる従来の「体幹を鍛えるためのトレーニング」からは完全に解放され、あくまでもその競技のスキルを高めるためのトレーニング内容に集約されれば良くなるでしょう。

また、アクシスメソッドによって事前に中心軸を形成し、体幹を手に入れてからトレーニングをおこなうことでその運動効果を飛躍的に高めることが可能になるため、より効率的なトレーニングを実現することが可能となります。

まさにアクシスメソッドは「体幹トレーニングの先の未来を創り出すメソッド」なのです。

 

今まで積み重ねてきた努力を、圧倒的なパフォーマンスとして発揮するために。

すべてのアスリートにアクシスメソッドを。

私たち、ウルトラパフォーマンス東京の願いです。

まずはお気軽にお問い合わせください

申し込みやご相談はもちろんのこと、
アクシスメソッドに関する根本的な質問や、ご自身のスポーツにも効果はあるのか?など
こちらからお気軽にお問い合わせください

アクセス

東京都杉並区高円寺南4-45-7 壱番館ビル4F
(高円寺駅前整体院内)

Tel:03-5913-7358

高円寺駅前整体院につながります。「アクシスメソッドについて」とお問い合わせください。

受付時間:10:00~18:00
定休日:水曜・日曜日