ウルトラパフォーマンス東京

アクシスメソッド専門スタジオ - 東京・高円寺

アクシスメソッド

アクシスメソッドで学力向上?勉強の出来不出来は集中力が鍵になる!

こんにちは、ウルトラパフォーマンス東京の野田です。

最近はお子さんのお身体へのアクシスメソッドの相談を受けることが多くなってきました。

 

お子さんのいらっしゃる親御さんの悩みは様々なのですが、最近特に多く耳にするのが、学校や家庭での日常的な勉強姿勢についてのご相談です。

「うちの子、学校で全然勉強についていけてないんです・・・」

授業中もグニャグニャして落ち着かず、先生に注意されてばかりいる。

同じ姿勢でいられずに、すぐに疲れたようにへたり込んでしまう。

帰宅後も「疲れた」ばかり口にしてすぐ横になる。

先生からも猫背を注意されているが、本人に自覚がない。

 

これらの結果、授業内容に全然ついていけていない、とのことでした。

このようなお子さんは何が問題なのでしょうか?

学校の授業についていくポイントは「集中力」

アクシスメソッドで学力向上

子供たちの学力というのは、単に頭の良し悪しで決まるものではありません。

特に小学校低学年くらいというのは、ひらがな、カタカナ、漢字などの文字の書き取りや、足し算引き算、九九といった簡単な数式など、基礎的な内容を反復して学習することで考え方の基盤を形成する時期です。

つまり大切なのは集中力。

いかにして「反復して学ぶ授業を集中して受けることができるか」がこの時期の学力向上の大切なポイントになるのです。

集中力向上の鍵は体幹にあり

アクシスメソッドで学力向上!

学校の授業を集中して受けられない子供の原因の一つとして、体幹の弱さがあげられる場合があります。

特に小学校低学年〜中学年のお子さんに多いのが、体を支えるための筋肉をうまくコントロールすることができずに長時間体をまっすぐ支えているだけで疲れてしまうケース。

発達障害児に多いとされる低緊張(フロッピーインファント)などがその典型例ですが、低緊張のお子さん全てが発達障害と呼ばれるわけではありません。

いずれにしてもそのような子供たちは脳と体の情報伝達をするための神経信号が弱いため、体幹を支える筋肉をうまくコントロールすることができずに必要以上に力を使ってしまい、結果ただ立ってるだけ、座ってるだけなのに疲れを感じやすいのです。

その結果、授業に対する集中力も途切れがちになり、落ち着いて授業を受けることができなくなってしまう。

つまり体幹をしっかり支えることのできる体を手に入れることが、集中力向上の鍵になると言えます。

アクシスメソッドで疲れにくい体を手に入れる

アクシスメソッドで学力向上!

私たちのアクシスメソッドでは脳と筋肉を伝達する神経信号を円滑にすることでお子さんの体に中心時軸を形成し、体幹を支えやすい体に導くことができます。

中心軸が形成されることで無駄な力を使わなくても体を安定して支えることができるようになるため、長時間同じ姿勢でいても体力を消耗せずに疲れにくい、効率の良い姿勢を維持することが可能になります。

授業中にも疲れずに同じ姿勢で座り続けることができれば、集中力も途切れずに机に向かうことが可能になるでしょう。

事実、当院でお子さんがアクシスメソッドを受けているクライアントさん(親御さん)からは

「学校で姿勢を注意されることがなくなった」

「学校から帰ってもダラダラしなくなった」

「疲れた〜、と口にしなくなった」

「家でも宿題を集中して終わらせるようになった」

などといったお子さんの変化が報告されています。

 

まずは学力向上の基礎として、集中力を発揮できる体幹作りを目指してみてはいかがでしょうか?

アクシスメソッドならそれが可能です。

お子さんの集中力の向上について興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

まずはお気軽にお問い合わせください

申し込みやご相談はもちろんのこと、
アクシスメソッドに関する根本的な質問や、ご自身のスポーツにも効果はあるのか?など
こちらからお気軽にお問い合わせください

アクセス

東京都杉並区高円寺南4-45-7 壱番館ビル4F
(高円寺駅前整体院内)

Tel:03-5913-7358

高円寺駅前整体院につながります。「アクシスメソッドについて」とお問い合わせください。

受付時間:10:00~18:00
定休日:水曜・日曜日